村育ち

村人歴80年以上!中村春子さんに聞く、南山城村の暮らしと昔の思い出

2022年12月10日

春子さん(右)と娘の明美さん(左)

今回は村人歴80年以上!

野殿地区に暮らす中村春子さん
インタビューをお届けします。

 

村のおばあちゃんは

畑仕事から、野菜の下処理、
漬物などの保存食作りまで

何でもこなす暮らしの達人!

 

でもそれは、不自由な時代を
経験してきたからでもあるんです。

 

春子さんの思い出話を
ぜひご覧ください。

 

取材日:2022年1月

 

 

ー南山城村の魅力ってどんなところでしょう?

 

春子さん:

南山城村の魅力は
お年寄りが元気なこと!

働きもんで真面目!

80〜90歳のお婆さんでも
カキモチをよ〜けこしらえたり、
グランドゴルフしたり。

ちょっと時間あったら、
テレビ見とくだけでも居てられへんねん。

おじゃみ(お手玉)こしらえて、
そんなん作ってもしゃーないのに(笑)。

 

じっとしてられへんねん、
何かしてたい!

楽はせえへんと言うのか、
さぼったりしないなぁ。

 

春子さんが育てた日野菜。野菜を育て、次は漬物にします。

 

ー昔の思い出を教えてください。

 

春子さん:

昔は雨や雪の日は、
藁でゾウリ作ったり、
かご作ったりもしたな。

モンペさんや足袋の穴を
つづったりしたけどなあ。

家にいても縫物できたら、
よそに働きに行かんでええっちゅうて
お針も習いに行ったりしたわ。

嫁入りの着物もみな縫ったけどなぁ、
一枚も着やへんわ(笑)。

 

昔は嫁も働けって
子どもは姑さんが見て、

自分は一日中、
山で芝刈りや炭焼きしてたな。

 

家には水道がないから、
みんなが寝た夜中に壺に
水ためんのに汲んどいたり、

お風呂は薪やから、
順番に火加減見て。

最後、自分の時は誰も
見てくれへんから、ぬるいぬるい(笑)

 

最近は食べ物は豊富で、
ようけ食べて言われ、
部屋やお風呂場はストーブで
温かくしてくれてあったり。

昔から思ったら贅沢な話やわぁ。

 

ー有難うございました!

自分で育てた野菜を下処理中

 

おばあちゃんに学ぶ!
南山城村・村人・モンペ・京都移住・田舎・温故知新・おばあちゃんの知恵・暮らしの学び・ちゃん袋・手作り茶パック・エコ・SDGs
昔のお茶パック・ちゃん袋の作り方!手作りでエコな暮らしを楽しもう!

  ちゃんぶくろ って 聞いたことはありますか?   漢字で書くと 茶ん袋 です。   今でこそお茶を入れる時、 ヤカンでお茶を沸かす際には 市販のお茶パックを利用する方 ...

続きを見る

村の人気商品!手作りこんにゃくの作り方と深みどりグループの歴史と想い

南山城村の人気商品、 手作りこんにゃく! 長年こんにゃく作りをされている 深みどりグループの松田道子さん (写真右)と 今年3月に加入した山﨑桃子さん (写真左)に こんにゃく作りの工程や お話をお伺 ...

続きを見る

実は簡単、ぬか床の作り方!食べきれない夏野菜をつけちゃお〜!

日差しが眩しい 夏真っ盛りの南山城村。 家の畑で トマト、なす、きゅうり、 オクラ、とうがらし とうもろこし、などなど 夏野菜がいっぱい。 毎日、せっせと水やりする母親。 そんなある日 外の洗い場で母 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

momo

南山城村の暮らしを楽しむ人。 2015年に移住。移住交流スペース"やまんなか"や道の駅で働きながら、村人のピンチヒッターをすることも。 最近は道の駅フリマを主催したり、こんにゃくを作ったり、、ハンドメイドを楽しんだり、染め物に興味があったり、夏はもんぺと雪駄を愛したりしています。

-村育ち
-,

© 2023 むら暮らし