村育ち

「人の距離感が魅力」南山城村役場職員・岸田いずみさんインタビュー

2022年10月22日

南山城村の移住振興や
観光など、幅広く関わる
役場職員の岸田いずみさん。

南山城村で育ち、
現在は結婚して村外に住みながら

村のアピールにあちこち
奔走されています。

そんないずみさんに
南山城村の魅力を
お聞きしました!

 

取材日:2022年1月

 

 

2歳の時、村人になる

 

ー幼い頃の思い出はありますか?

 

いずみさん:
私が村にやってきたのは2歳のとき。

月ヶ瀬ニュータウンに越してきました。

生まれは大阪なんだけど
その頃の記憶はないなあ。

 

3人兄妹の真ん中で
要領よく面倒くさがりな私でも、
村で育つと色んなくくりに
勝手に繋げてもらえたな。

子ども会のソフトボール大会や
卓球大会は全員参加やったし、

クリスマス会やキャンプも
楽しかった!

 

お世話になった当時の
おっちゃんやおばちゃんには

今でも「いっちゃん」と
声かけてもらえるのが

温かくてうれしいな。

 

村外に出て、帰ってくるつもりはなかったけど・・・

 

ー大学卒業後に役場に勤められたんですよね。

 

いずみさん:
外に出るのは当然やと思ってた。

先祖代々の土地でもないしお墓もない、
学校も仕事も村にはないから。

大学で京都市内に出たから
帰ってくるつもりもなかった。

今、役場に勤めているのは
「たまたま」。

外を知って
村が特別になったかな。

この村を
懐かしく温かい場所のままに
したいなと思ってる。

空き家リノベーションの一コマ。明るくチャーミングな人柄が伝わります。

 

南山城村の魅力とは?

 

ー南山城村の好きなところは?

 

いずみさん:

村人の魅力は、

田舎なのに
意外と放っておいてくれる

適度な距離感!

頼れば気前よく教えてくれるし
人懐こくチャーミングな方が私の周りに多い!

立地的にJRと国道があるから
閉塞感がないのもいいところかな。

 

あと、夜の暗さと
静けさに安心する。

四季の匂い、
木津川の夕暮れや
冬の星空は最高!

 

 

ーこれからやってみたいことは?

 

いずみさん:

村の歴史や民間信仰を
アーカイブ化したい!

本当は暇なブックカフェがしたい!

(読書好きなのでw)

 

適度な距離感がいい

最後に村の魅力を
一言でまとめて頂くと

「そこに誰かがいる安心感
(遠くの親戚より近くの他人)」

との回答が。

 

田舎ならではの
地域コミュニティの温かさが今も残るのは

南山城村の大きな財産だと感じました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

momo

南山城村の暮らしを楽しむ人。 2015年に移住。移住交流スペース"やまんなか"や道の駅で働きながら、村人のピンチヒッターをすることも。 最近は道の駅フリマを主催したり、こんにゃくを作ったり、、ハンドメイドを楽しんだり、染め物に興味があったり、夏はもんぺと雪駄を愛したりしています。

-村育ち
-,

© 2022 むら暮らし